えんじん

バイクとお金とITと

東京から博多まで!?バイク人生で最長の旅をかましてきた

こんにちは。くろしばです。

バイク人生の中で最長になるロングツーリングです。博多まで行ってきました( ^ω^ )

いやぁ、遠い!笑

スポンサーリンク

旅のきっかけ

この前神戸にいったばっかりですが、今回博多をチョイスしました。

って言うのも大学時代の友達が転勤で博多に住んでいるのでそこに遊びに行こうっていう魂胆です(^.^)

一昨年に一度飛行機で行ったので今回はバイクで行こうということになったわけです。

プランはこんな感じ

1日目

海老名SAに集合。金曜夜に出発し、浜松泊

2日目

大阪まで そこからフェリーで朝に博多着

3日目

現地

4日目

夜に広島泊

5日目

東京まで一直線!

ってそんな順調にいくのか?ってとこですよ( ^ω^ ;)

往路

中井PAでまさかの事態!?

海老名で集合し、すぐに出発。

総走行距離300キロの初心者ライダーもいたのでまずは中井PAで軽く休憩することに。

そこで、

やっちまいましたよ。。

いつも通りバイクから降りようとしたら、

足がつかない(°Д °)...!?

平均台の上にでも止めたんかって思うくらい足が地面に届かない。

靴紐がステップに引っかかってたんですね。

重心はがっつり左に傾いてます。

200キロを超えてくる車体に乗ったことがある人はわかるかもしれませんが、倒れないように粘ることはほぼできません。

腕力だけで立て直すには重すぎるので、たいてい

「あぁ、倒れるんだなぁ。少しでもゆっくり倒れておくれ(´-`)」

とか思いながら諦めるしかないのです。

エンジンスライダーに多少の傷を負って中井を出発...

しようとして、

セカンドギアに入れようとしたその時!

スカっ!

あれ?

待って待ってチェンジペダルがないんですけど!!

さっき倒した時にステップの一部が取れて飛んでいってしまったようです(;ω;)

どーしよ、と思ったのですが、中井のPAにはこんな時間にも僕を助けてくれるファミマがあります。

なんとか中井PAのファミマで買ったガムテープとGoProのネジで補強。

ギアチェンを最小限に浜松まで直行しました。。

初心者の友人にペースをあわせることごできなかったため、そこまでは1人で3時間半くらい爆走。

翌朝浜松のナップスがすぐ近くにあったのは奇跡かと思いましたね(´∀`)笑

無事復活。

大阪で仲間とさようなら

今回学んだことは、

慣れない道では順路をリードする人を1人にすべきだということ。

3人ともインカムでコミュニケーションをとりながら移動していましたが、これが命取りに。

先頭は僕で、手元のGoogleマップをチラ見しながら進路を把握していました。(これはホントは危ないです。)

何気なく仲間に

この分岐右だよねー

と聞いたところ

そっち、そうこっち、左!

え?右じゃないの?左?じゃあ左行くよ!?

あー、違う!右の左車線って意味!

は?ぶっ飛ばすぞ!

分岐した後の車線なんかどっちでもいいだろうが!!

そんな感じで大阪で1人高速を降りちゃいました(:3 」∠)

阪神高速を激走で巻き返しなんとか大阪南港に着いたもののフェリーのタイムリミットの5分前(`д´) ...!

3時間以上余る計算だったのに何を間違えた( ゚ 3゚)

やっぱり道をリードする人は地図の音声をしっかり聞いた方がいいです。

初心者の仲間も舞い上がってるのかなんなのか特に難しくもない道でも

これはこっちだね!左だね!右だね!とうるさいので惑わされました。

あんにゃろう、半年で300キロしか走んなかったくせにやたらテンション上がりやがって(´-ω-`)

慣れない道では1人は必ずマップの音声を聞こう!

フェリー最高

必死にたどり着いたフェリーは天国にも思えました。

そーんなにきれいではなかったですが、こういう場所ではこれがご馳走になる魔法がかかるんですよね(^ω^)

最高にうまい(;ω;)

疲れていたこともあり一口で酔っ払いますw

少しみんなで旅の振り返りをしたりしてそのまま爆睡!

現地 博多満喫

本来ここからがメインテーマの博多!

しかしながら何度か行ったことのある人はうすうす気づいているはずである。

博多市街地だけであればグルメと太宰府くらいしかないのだ!(あとお風呂(^^)笑)

男旅なのでもちろん風呂は最高のものを満喫しましたがここでは多くは語れません(´・ω・`)笑

だけとはいいつつもグルメが尽きないのが博多。

博多ラーメンは一蘭の本店に行ってもよし

屋台に行ってもよし。

もつ鍋は絶対外せないし、

何気に駅中のうどんも美味なんです!

前回は玄界灘の海の幸もいただけましたが今回は時間が足りず(´-`)

というくらい食べても食べても食べきれないグルメに溢れてるのが博多の街なんです(´꒳`)

ついでに旅先のオイル交換ということでみんな大好き2りんかんへ

なんだかんだ5000キロくらい変えてなかったオイルを交換するとエンジン絶好調!!!

伸びが全然違いますね(^^)

今ままではわりとこまめに換えてたんですが、このバイクになってから距離が伸びるほうが早くてやっと換られました。

復路

下関で一休み

もう馬鹿としか言いようがない距離ですが決めたからには走り切るしかない!

一旦下関で九州にお別れを言いながらご飯を食べます。

フグと瓦そばが有名な山口で腹ごしらえをして、がっつり温泉に入り鋭気を養いますヽ( ゚ 3゚)ノ

決戦前夜、広島で一泊

夜中には広島につきました。

広島といえば牡蠣!

なんとこれ食べ放題でたったの2000円!

広島に行った際はぜひ牡蠣ひよっこ商店へ。

翌朝は原爆ドームを見学しました。

こう言ってはなんですが早朝の原爆ドームはなんとも言えない異彩を放っていました。

他の世界遺産とは違い、歴史の負の側面を継承することを担った存在。

そう遠くない未来、戦争経験者のいない時代がきます。

そうなったときに、この原爆ドームの存在はほんとに大きなものになるんじゃないかなと思いました。

爆走、東京へ帰還

あとは何も思うことはありません。

ひたすら爆走。

高速道路から降りない限りはその地を満喫することはできません。

大阪のSAで昼寝した以外はほぼ記憶にない帰路ですが、それでもいい写真は撮れました!

昼寝する相棒

GoProからの走行写真

解散の海老名で食べた最後のご飯はなんとも寂しく見えました。

まとめ

ほんとにほんとに長い旅路でした!!

気付いたら8年近くになるバイク生活の中で間違いなく最長になる旅を終えて達成感に包まれると同時に陸って繋がってるんだなぁと。

そんでバイクってその陸を全て走ることができるんだなぁと。

普段何気なくまたがってる愛車でしたが、本気出せばこれさえあれば日本のどこにでもいけるんだという可能性を再認識!

まだまだこいつと一緒にいろんなとこに行きたいですね!

近いうちにバイク生活に新たな発展があるので乞うご期待です!

ではでは( *`ω´)ノ

あわせて読みたい www.kuro-shiba.com

スポンサーリンク